• トップ
  • > 大学別アドミッションポリシー

大学別アドミッションポリシー

アドミッションポリシー-岩手大学

    アドミッションポリシー-岩手大学   農学部 獣医学課程   農学部では, 農業,環境,動物,植物,生命に関する現代的諸課題の解決に向けて,高度な専門知識とリーダーシップをもって行動することができる技術者・研究者を養成することを目標としています。 そのために,本学部では次のような能力・資質を備えた入学者を求めています。     • 農学を学ぶに相応しい基礎学力   • 生命の尊さを知り,食料生産,生物資源の開発と利用について専門的知識を習得する意欲   • 地域の環境問題をグローバルな視点から考え,持続可能な社会の実現に向けて活動する行動力   獣医学課程では, 生命を尊ぶ心を基盤として動物の医療と福祉に貢献するとともに,食料生産と公衆衛生の向上ならびにヒトと動物の共生に取り組む応用力と実践能力をもった獣医師の養成を目指しています。 そのために本課程では次のような能力・資質を備えた入学者を求めています。        ・ 獣医師として地域と国際社会へ貢献する意欲      ・ 課題を探索し,問題を解決する能力      ・ 動物と人の福祉を科学的かつ客観的に理解する能力 

アドミッションポリシー-北里大学

生物環境科学科          求める学生像 本学科は,生態系機能の解明と管理を教育・研究の目標とする生態環境コースと,食料資源の確保と生産環境の維持・創造を教育・研究の目標とする環境修復コースの2種類のコース制を導入しています。 ・生態環境コースでは環境に関する教育や啓蒙に携わる立場の公務員(自治体,高校教員),環境保全型農業の実践形態としての農協および生産法人,ならびに環境分析関連企業で活躍できる学生。 ・環境修復コースでは,生態系の機能に関する知識を生かした環境修復技術を実践する立場にある環境関連企業職員(土木,建設,コンサルタント業界)や地方公務員として貢献できる学生。 ・人間社会と自然生態系(野生動物を含む)との共生や地球環境の保全に強い関心を持ち,将来,企業や自治体等で環境保全に関する取り組みを推進しようとする意欲に溢れ,生物環境科学科の教育目標や理念に共感する学生。        動物資源科学科    求める学生像 ・動物資源科学に関して,知識をより深く追求し,自ら学ぼうという意欲を持つ学生。 ・動物資源科学科で学ぶために必要となる基礎的な知識を持つと同時に,広い視野でかつ多様な視点からものごとを捉え主体的・論理的に考えようとする学生。 ・動物資源科学に関する高度な技術と見識を身につけ,社会に貢献することを目指す学生。  獣医学科         獣医学科    求める学生像  ・獣医学科で学ぶための基本となる論理的思考力・理解力・表現力・問題発見能力を備えた学生。 ・将来,農林水産・公衆衛生・小動物臨床・バイオメディカル・野生動物・動物愛護などの分野で,獣医学に関する高度な知識と技術を身につけた職業人として社会に貢献することを目指す学生。 ・獣医学・動物生命科学を専攻することに強い意欲を持ち,将来,博士の学位を取得し,研究者として世界的に活躍する意欲のある学生。   

アドミッションポリシー-麻布大学

アドミッションポリシー-麻布大学       獣医学科の教育理念   獣医学部の教育理念・目的に基づき、獣医学科では、獣医師としての科学的思考力と応用能力を展開させ、生命と福祉にかかわる科学者としての社会的使命を遂行できる能力及び動物の生理や病態、疾病の処置とその予防、並びにヒトと動物の感染症、動物性食品衛生及び環境衛生に関する科学的知識と技術を併せ持つ人材の養成を目的とする。        獣医学科のアドミッション・ポリシー(求める学生像)    本学科の教育は、獣医師として高い倫理観を有し、高度な専門知識・技術を身に付けて社会に貢献できる人材を養成することを目的にしているため、次のような人物を求めている。 人や動物、自然が好きな人 獣医学に強い関心を持ち、獣医師となることについて明確な問題意識を持っている人 学習意欲が旺盛で、獣医学を学ぶ上で必要な生物・化学など理科の素養を含む基礎学力が十分に備わっている人  獣医師になるための情熱及び他者への思いやりと奉仕の心、高い倫理観を持っている人         動物応用科学科の教育理念    獣医学部の教育理念・目的に基づき、動物応用科学科では、動物にかかわる生命科学を基盤として、人と動物のより良き関係を学び、人と動物の共生を目指して、遺伝子レベルから生態系レベルに至る動物の保有する諸機能を人間生活に安全かつ効果的に活用するための知識と技術を教授し、人と動物にかかわる諸分野で活躍できる専門技術を備えた人材の養成を目的とする。      アドミッション・ポリシー(求める学生像)    本学科の教育理念を理解し、自ら学ぶ姿勢を持ち、本学での学習を通して人間と動物と社会の接点で通用するキャリアを身に付け、動物応用科学の諸領域で活躍したいという強い意志と意欲を持った人物を募集する。なかでも次のような人物を求めている。 高等学校までの基礎学力、特に生物・化学を含む理科の学力が十分にある人 問題意識を持ちチャレンジ精神が旺盛である人  リーダーシップと協調性を有し、動物応用科学の社会的使命をよく認識している人

アドミッションポリシー‐東京農工大学

【アドミッションポリシー】   アグリサイエンス・バイオサイエンス・エコサイエンスを通して、社会に貢献することを目指す学生を求めます。     【学びの目的・学びの特色 】   農学部においては、農学、生命科学、環境科学、獣医学分野の諸問題の解決と持続発展可能な社会の形成に資するため、広く知識を授けるとともに専門の学芸を教授し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させて優れた能力を有する人材を養成することを目的としています。 

アドミッションポリシー‐日本獣医生命科学大学

【アドミッションポリシー】    獣医学部は、獣医学科と獣医保健看護学科で構成されている。獣医学科は、動物の医療と人の公衆衛生に必須な獣医学と獣医療に関する学理を教育・研究・臨床を実践し、併せて人格を陶冶する。 獣医保健看護学科は、動物の保健看護及び人の公衆衛生に必須な学理と技術を教育・研究・臨床を実践し、併せて陶冶する。 同時に、人類と動物の共生と福祉、地球環境の保全に貢献する資質豊かな獣医療人の育成を目指す。   獣医学部は、つぎのような人材を求めている。    (1)生命倫理を尊重し、動物愛護を行動規範とする人  (2)幅広い視野を持ち、より深く学ぶための基礎的能力を有する人  (3)協調性を備え、人間性豊かな人  (4)地域社会に貢献し、国際社会に雄飛する気概のある人  (5)地域社会や国際社会に強い意志を持って貢献できる人  

アドミッションポリシー-帯広畜産大学

【学生求めること】 自主性 協調性 基礎学力 帯広畜産大学で学ぶにあたって,皆さんには,常に他への関心を忘れず,自ら何をなすべきかを問い続ける自主的な学習が求められます。つまり,《自主性》と《協調性》*,それを支える基礎学力が必要です。  *《自主性》を備えた人とは,既成の知識を鵜呑みにせず,自ら問題を発見しようという強い意志を持ち,着実に努力をかさねてゆく挑戦者です。 *《協調性》を備えた人とは,自分の意見を持ちつつも,他の多様な意見や価値観を尊重し,協力して問題を解決してゆく人です。    【どう学ぶか】 十勝の自然 実践的教育 双方向教育 帯広畜産大学では,学生と教員が共に問題に取り組み,豊かな十勝の自然と向きあう農畜産の実践的教育を通して,生命・食料・環境の総合科学を探求しています。     【目指すもの】 専門知識 広い視野 豊かな人間性 帯広畜産大学は,生命科学の探究という共同作業を通じて,皆さんの持つ能力により一層の磨きをかけ,地域社会や国際社会で活躍できる人を送り出すことを目標としています。 

アドミッションポリシー-岐阜大学

        岐阜大学 応用生物科学部 獣医学課程では 2012年度アドミッションズオフィス(AO)選考試験は予定していません。          【教育目的】 応用生物科学部では,生物科学と生命科学の学理を究明し,それと関連した技術を開発し,その成果を生物産業に応用することを目指す人材を育てます。    【求める学生像】  「安心かつ安全な食の安定供給」,「高機能性食品の開発と健康の増進」,「生物資源・生体成分と生命機能の利活用」,「環境と調和した食料生産」, 「自然生態系及び人間の生活環境の修復と保全」,「人と動物の健康と福祉の向上」などに強い意欲を持って学習に励む人材を求めます。  そのために,基礎学力,応用力,論理性,協調性,個性,感性,学習意欲などを判定する, 多様な入試制度により入試を行っています。 

アドミッションポリシー-北海道大学

         北海道大学 獣医学部では アドミッションズオフィス(AO)選考試験は予定していません。            【学部の理念】    北海道大学獣医学部は、今や地球上の全ての動物生命に責任を負う自然科学としての獣医学を背景に、動物の病気の診断・治療・予防にとどまらず、安全な動物性食品の供給、医薬品の開発、生物科学への貢献、野生動物の保護・管理と人獣共通感染症の制圧など、獣医学に対する社会の多様な要請に応えうる獣医師を養成することを理念としている。北海道大学獣医学部はこれまで我が国唯一の国立大学獣医学部として、優れた教員による特色ある少人数教育を実施しており、卒業生は各分野において中心的存在として活躍している。        【教育目標】   多様な獣医学の社会的使命を理解し、科学的な思考力と判断力および国際的視野を備えた、創造性と人間性豊かな獣医師の養成を目指す。        【求める学生像】  ・動物を愛するとともに、動物を科学的視点から客観的に観察することのできる学生  ・生命現象に対して、畏敬の気持ちと科学的な探究心をもつ学生              ・獣医学を通じて社会的、国際的に貢献したいと考える学生