大学別 特色

特色-岐阜大学

        応用生物科学部(旧農学部)/応用生物科学研究科   私たちの学部は、ミクロ科学とマクロ科学の両面から、生物や生命、環境について研究しています。食の科学、人と自然環境、獣医師養成・公衆衛生が、その主要なターゲットです。  生物の体を細分して、組織レベル、細胞レベル、分子レベルの分析から、糖鎖の秘密を解き明かしたり、各種の土壌に耐える品種を作ったり、健康を維持する高機能性食品を開発したりするのが、私たちが抱く夢の一つです。  一方、人間を含む生物の暮らしは、環境と切り離すことができません。自然生態系の機能を分析し、多様な生物の生産力を維持し、地域レベルから地球レベルまで、生物と人間社会の関係を健全に保つのが、もう一つの夢です。  私たちの学部は、食品生命科学・生産環境科学・獣医学の三つの課程で構成されています。農学に由来する85年間の努力の結晶です。  生物が大好きな皆さん、生命に興味がある皆さん、環境を守りたい皆さん、一緒に応用生物科学に挑戦しましょう。       獣医学課程 本コースでは、将来獣医学関係のいずれの領域においても活躍できる獣医師としての資質を身につけます(獣医学ジェネラリスト教育)。そのために、まず、獣医学のあらゆる分野にわたる基本的な知識と技術を修得します。そして、獣医学基礎演習(チュートリアル教育)、総合臨床実習(ポリクリ)、卒業研究といった体験学習、少人数グループ学習を通じて、「基本的な知識と技術の連携・発展により、新しい事象を理解し、問題を解決する応用能力」を身につけます。  本コースは、小動物臨床、公衆衛生および野生動物・生態系に特色をおいた実践教育を積極的に取り入れています。分子、細胞、臓器、個体、集団レベルの生命現象から、これらに基づいた動物の病気の予防・診断・治療まで、一貫性を持って動物医療を学びます。また、人の健康に関わる人獣共通感染症、食品衛生、環境衛生および野生動物とそれらを取り巻く自然生態系についても学びます。さらに、獣医学の知識・技術水準の国際交流を可能にするため、英語の運用力と情報活用能力を身につけます。    

特色-北海道大学

           北海道大学広報による学部紹介ムービーです。 ↓是非ごらんになってください↓   北海道大学 獣医学部 紹介 (movie)      

特色‐酪農学園大学

酪農学園大学   キリスト教に基づく「神を愛し、人を愛し、土を愛する」三愛精神に徹した人間教育により、 健全にして良識ある社会人の育成、豊かな情操と国際的な視野を養い、三愛精神の実践者の育成に努めます。    黒澤酉蔵が唱えた健土健民の思想および学理に基づく実学教育により、 農業および農業人のあり方を体得した、創造的で実践的な人材の育成に努めます。    酪農を中心とした農学・食品科学・経済学・獣医学・食品流通学・環境システムの研究・教育により、 日本農業、食糧事情など環境保全を視座に究明し、その発展に努めます。     獣医学部獣医学科   獣医学は、産業動物、伴侶動物を問わず動物を対象とする臨床分野において、 また食品を中心とした公衆衛生、環境衛生などの分野 において、 生命科学・医学・薬学・生化学などの境界領域の学問としてますます重要性を増してきています。       本学科は、これら畜産界をはじめとする社会の要請に応えうる獣医師の育成を目指し、 獣医学六年教育のもと、生命科学、語学、環境と獣 医学、形態と機能、疾病と予防、 診断と治療などから構成されている充実したデパートメント制による教育を展開しています。   また、卒業後の進路にも 大きく関わる専修獣医学は、 「生命科学」、「産業動物医療」、 「小動物獣医学」、「環境科学」の4分野に分かれて 最先端の知識・技術を取り入れた教育 ・研究を展開しています。   

特色‐日本獣医生命科学大学

獣医学部   獣医学部は、獣医学及び獣医保健看護学に必須な学術を教育・研究し、併せて人格を陶冶する。 この目的を達成するために、獣医学及び獣医保健学の基礎と臨床並びに社会的意義について蘊奥を極めると同時に、 倫理を弁え誠実公正なる獣医学及び獣医保健看護学の専門職を育成する。       獣医学部 「獣医学科」   獣医学科は、最近における高度先端獣医療並びに生命科学領域の飛躍的進展と 多様な獣医師のニーズに対応する基礎及び臨床獣医学と、 同時に公衆衛生学等に関する教育を行い、その活用と社会貢献に寄与する獣医療人を育成する。       獣医学部 「獣医保健看護学科」   獣医保健看護学科は、進展する高度先端獣医療における獣医療の補助、 及び野生動物管理、地球環境保全、公衆衛生等の諸科学の教育を行い、 その活用と社会貢献に寄与する獣医療技術者を育成する。  

特色‐日本大学

日本大学生物資源学部獣医学科     獣医学は動物医療を通して社会・人類に貢献する学問です    獣医学科は”獣医師養成”を基本目標とする学科です。 ここで学ぶ獣医学という学問は動物医療を根幹とする応用科学で、 動物の健康維持・増進を図るとともに、人類の健康と福祉に貢献することを理念としています。 その達成のために、生命活動のメカニ ズムの探求や、疾病の診断・治療・予防、公衆衛生、 野生動物の保護と環境保全など広範囲な領域をカバーしています。        総合大学のスケールメリットを生かした、多彩な教育・研究 「」   日本大学獣医学科は、農学系の総合学部である生物資源科学部の一学科ですが、 その規模は他の私立獣医系大学と同等またはそれ以上の規模を持っています。 また、日本大学のスケールメリットを生かし、豊富かつ多彩な人材、研究施設を生かした教育・研究が行われているのが特徴です。 

特色‐麻布大学

    麻布大学‐獣医学部    私たちの豊かな生活は多くの動物によって支えられています。 「人と動物の理想的な関係」を考え続けることは 動物の尊厳を守るために人類に課せられた義務といえます。 獣医学部では、人と動物が共生する未来の社会に貢献できる人材を育成します。       獣医学科   これからの時代の獣医師に求められるものは、非常に多様化しています。 ペット=愛玩動物ではなく、コンパニオン・アニマル、 つまり人間の伴侶動物であるという認識が広まる中で、 人と動物のより良い関係を築いていくために、 獣医師が動物の習性や行動およびその健康についても理解を深めることが必要となっています。 獣医学科では、そうした社会のニーズに応え、 幅広い分野で活躍できる獣医師の育成をめざしています。         動物応用科学科   「人と動物の共生」をめざして、人と動物のより良い関係を学びます。 高度なバイオ技術を身につけ、動物の改良、人や動物の医療への応用、 動物性食品の研究などに取り組む「動物生命科学コース」と、 人の健康・福祉・教育への動物の貢献、人と野生動物との新たな共生などについての 幅広い知識と技術を習得する「動物人間関係学コース」の2つのコースを設置し、 人と動物にかかわる諸分野で活躍できる専門技術者を育成しています。          

特色-北里大学

北里大学-生命科学の総合大学として     科学が進めば進むほど 「生命」は一つの解答を与えてくれると同時に その向こうにさらに神秘的な姿や 不思議な世界を垣間見せてくれる。    北里大学では この底知れない奥行きと深さをもつ生命現象を解明するために   1. 生命科学の基礎的研究を行う分野(理学部) 2. 動植物と環境に関する分野(獣医,海洋生命科学部) 3. 人間の生命と健康に関する分野(薬,医,看護,医療衛生学部)   の3つのフィールドから総合的にアプローチ。 北里大学の7学部15学科(大学院6研究科1学府)と 併設校である北里大学保健衛生専門学院および北里大学看護専門学校の 有機的な「知」のネットワークで 生命科学のフロンティアを一歩ずつ切り拓いています。      獣医学部-微生物から動植物、環境まで―。     獣医学部には 人と動物の共存を地球規模で考える 「生物環境科学科」「動物資源科学科」「獣医学科」の3学科があります。   野生動物から土と水の環境まで実践的なフィールド科学を総合的に学ぶ「生物環境科学科」   生命の誕生から動物の行動、人と動物の関係、食と健康の関係を学ぶ「動物資源科学科」   伴侶動物・産業動物・野生動物の病気と闘う獣医師を育成する「獣医学科」     [動物生命科学]を主軸に [...]