国立 北海道大学

 

 

 

 

【北海道大学】

大学ホームページhttp://www.vetmed.hokudai.ac.jp/

 

 

 

大学設置  1918年 
創立  1876年
学校種別  国立 
設置者  国立大学法人北海道大学 
本部所在地  北海道札幌市北区北8条西5丁目
キャンパス  札幌 ・函館 

 

   

 

【獣医学研究科・獣医学部】

 

北海道大学における獣医学教育の歴史をたどりますと札幌農学校の設立当初にまで遡ることができます。

札幌農学校では、学生達に教養科目、農学諸科目とともに獣医学を教育することが決まっていました。

札幌農学校での本格的な獣医学の専門教育はカッター博士によって始められました。

 

 

カッター博士は1878年(明治11年)に来日、1880年から獣医学の専門教育を開始されました。

 

1910年に獣医学講座が開設され、1913年には獣医学部の前身、畜産学科第二部が設置されました。

この年、後にウサギの耳に世界初の人工がんを作ることになる市川厚一博士 が卒業しています。

 

1949年に農学部獣医学科となり、平戸勝七教授の尽力で、1952年には獣医学部として農学部より独立しました。

現在でも他の国立大学法人では、農学部獣医学科で獣医学教育が行われており、北大獣医学部は国立大学唯一の獣医学部です。

学部設立当初から、米国型の臨床のみに重きをおいた教育方針は採らず、我が国の実情に応じた教育体勢として、動物生命科学全般に渡る基礎研究の講座をも併設し、臨床講座でも研究を重視し、高度の研究レベルを維持してきました。

北大獣医学部のこうした教育研究理念が我が国の獣医学全般に与えた影響は少なくありません。

 

 

 

1995年、北大獣医学部は大学院にその重点を移行し、正式名称を北海道大学大学院獣医学研究科とし、研究重視を制度面でも支える体制となりました。 

 

北海道大学トップへ戻る⇒http://www.jyuuigakubu.com/category/%e5%a4%a7%e5%ad%a6/%e5%8c%97%e6%b5%b7%e9%81%93%e5%a4%a7%e5%ad%a6