大学

アドミッションポリシー-麻布大学

 

 

 

獣医学科の教育理念

 

獣医学部の教育理念・目的に基づき、獣医学科では、獣医師としての科学的思考力と応用能力を展開させ、生命と福祉にかかわる科学者としての社会的使命を遂行できる能力及び動物の生理や病態、疾病の処置とその予防、並びにヒトと動物の感染症、動物性食品衛生及び環境衛生に関する科学的知識と技術を併せ持つ人材の養成を目的とする。 

 

 

 

獣医学科のアドミッション・ポリシー(求める学生像) 

 

本学科の教育は、獣医師として高い倫理観を有し、高度な専門知識・技術を身に付けて社会に貢献できる人材を養成することを目的にしているため、次のような人物を求めている。

  1. 人や動物、自然が好きな人
  2. 獣医学に強い関心を持ち、獣医師となることについて明確な問題意識を持っている人
  3. 学習意欲が旺盛で、獣医学を学ぶ上で必要な生物・化学など理科の素養を含む基礎学力が十分に備わっている人
  4.  獣医師になるための情熱及び他者への思いやりと奉仕の心、高い倫理観を持っている人

 

 

 

 

動物応用科学科の教育理念 

 

獣医学部の教育理念・目的に基づき、動物応用科学科では、動物にかかわる生命科学を基盤として、人と動物のより良き関係を学び、人と動物の共生を目指して、遺伝子レベルから生態系レベルに至る動物の保有する諸機能を人間生活に安全かつ効果的に活用するための知識と技術を教授し、人と動物にかかわる諸分野で活躍できる専門技術を備えた人材の養成を目的とする。 

 

 

アドミッション・ポリシー(求める学生像) 

 

本学科の教育理念を理解し、自ら学ぶ姿勢を持ち、本学での学習を通して人間と動物と社会の接点で通用するキャリアを身に付け、動物応用科学の諸領域で活躍したいという強い意志と意欲を持った人物を募集する。なかでも次のような人物を求めている。

  1. 高等学校までの基礎学力、特に生物・化学を含む理科の学力が十分にある人
  2. 問題意識を持ちチャレンジ精神が旺盛である人
  3.  リーダーシップと協調性を有し、動物応用科学の社会的使命をよく認識している人